ぷぎゃーを貴方にEX×EX
○(  #)=(#゚Д゚)≡○)Д`)・∴'. こんな感じ?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラッドは自滅した


というわけで動画を拵えたのでどうぞ見てやってください。

以下動画の簡単な解説
※ネタバレ含む&文字だけじゃわけわかめかもしれないので、1度動画を見てから読んだほうが良いでしょう。がお好きにどうぞ。

まず超絶爆心ファイナルデッドリーブロー(以下FDB)の特性について
呼び方:FDBの一連の動作を便宜上、暗転前→発動(暗転)→待機中→発生(攻撃判定発生)→硬直、と呼ぶことにする。
・ダメージ約400。当たれば死ぬ。鉄腕パークラ状態だと約6割ほどにダメージが落ちる。
・ガー不。GDでかわすことはできる。が、本動画では、GDは使用しておりません。
・発生(暗転前)から攻撃判定発生と同時までスーパーアーマー状態。当然ヒット数が繋がらないので補正無しで喰らう。
・投げに関しても投げられ判定が見た目よりずっと後ろに設定されているため、投げ間合いが非常に広いか移動投げなど特殊な投げ判定を持つものでないと正面から投げが決まりにくい。
・攻撃判定は待機中に相手に殴られた最後の方向に出る。具体的に言うと、
FDB発動→ジャンプで裏に行って殴る→ラッドが裏に振り向いて攻撃を出す
FDB発動→ジャンプで裏に行って殴る→ジャンプで元の位置(表)に戻って殴る→表に出る
FDB発動→ジャンプで裏に行って殴らない→表に出る
といった感じ。はじめは「何……だと……」ってなるが、やってるとだんだんこの特性を使うのが楽しくなってくる。
・姿勢が低い。GDほどではないが、ヴィレンの立ちLPやハザマのOAは当たらない。
・攻撃判定は一瞬。持続超短い。
・ノックバックがラッド側にだけ発生する。中央だと技を当てるごとにラッドが離れていくが、端だと何発当てても距離が離れない。つまり自キャラは動いていない

これを踏まえて本動画の面白さは、
『スーパーアーマー中にどれだけダメージを稼げるか』
『FDBの攻撃判定をどうやって回避するか』
というところにある……じゃないかなー。多分。
ではキャラ毎の解説を。

本編は動画内で解説してるので割愛。

ラッド:FDBは鉄腕がパークラしてると威力が約6割程度になるのは周知のとおりだが、ヒットすると相手が全パークラになる仕様は失われていない。そのため左ラッドは待機中に鉄腕がパークラしてしまうが、FDBの威力は変わらず、ラッドは死ぬ。発動してしまえば暗転前の状態が適用されるようだ。
カヤ:L天閃の上半身無敵を使って避けているが……FDBは攻撃判定が発生するとスーパーアーマーが解除されてしまうため、天閃の攻撃判定を発生前に当てつつFDBをかわさないと天閃でラッドが吹っ飛んでしまう。ちなみに撮影開始当初カヤのコンボ内容はラッドが動いたトコに月影からのコンボだったが、月影後の追撃には約80%のダメージ補正がかかるためどうしてもラッドを倒しきることが出来ずに、大幅なレシピ変更を余儀なくされた。対戦ではクソ火力なのに、いざネタになったらダメ足んないとか……出来の悪い、手の掛かるこの方が可愛いとはいうが、こいつは例外。草を生やす気にもならない。歌詞に少しでもリンクさせようと思った結果ヒカリ→紅からカヤ蒼担当になる。ヒカリのおこぼれでサビに入れてもらえました。もうディスる言葉しか出てきません。
アラン:インフィニティ最大タメでFA。最速で収録が終わったキャラ。2SK始動なのは、遠SKはスカるから。近SKも2段目がスカる。インフィニティ超減る。
バズウ:難産キャラその2。〆はCAなのは終始一貫していたが、CAで倒せる体力まで減らすのが最大の課題。RCに制限があるのがきつかった。前もって岩を複数設置することと、威力と回転のバランスがいい近SKをギリギリまで叩き込むことでクリア。単発ダメだと遠SKの方が高いけど、FDB発生までに2発しか入らないので総ダメージは近SK×3のほうが上になる。6SPは当たりませんwちなみにドラゴンフィッシュのスウェーでもかわせる。
タイフォン:縮勁砲と連打の回転の良さ、ダメージ補正なしのコマ投げに威力充分なCAで以外にも苦労は無かった。構成としてはカヤでやろうとしていたこととほぼ同じだが、こちらのほうがはるかに難易度が低かった。流石タイフォンマンやでー
ヒカリ:個人的にかなり気に入っている構成。攻撃判定は当身切り替え時に発生する無敵でかわしている。始めにいぬいさんにレシピを公開したところ無信全疑だったが、やってみせたら「ヒカリを僕の使用カラーで撮ってください」と言い出したのでリクエストに応えた。後はヒカリとは思えぬ超火力CA、アマガミSS天薙様々です。紅担当その1。
ボイド:指が忙しいの一言に尽きる。その甲斐あって一番のオーバーキルになった。シャイニーフェイントは最後だけSで後は動作時間短いL。サソリ12スタートコンボ中に13
             ___,,,,,..... -一ァ
         / ̄ ´    ., -──--、,!
.        /       ./ CA    ,!
.         /  _    .i   っ  だ ,!
       / /  ` v ―i   て  が ,!
.      // ..―、 :i;:.  ヽ  い    ,!
.       /:/´ @ ヽ;;ッ― 、.〉 う.__,.,!
     /:::|     :i!  @/,イ~',   ,!
      /:-ヾ、    ハ   "  };; 'i  ,!
.    /: ''"⌒''‐"ヾ rヽ、  ノ;;. `ヽ,!
   /ヽ.         ''゙⌒ ''‐'';  ,!
.   /:::::i:::          .:,.  .: ,:' ,!
  /~.フ、:::         .::/~  ;; ,!
. / : : : i~``―-、_  ..::::i ―.;;ヾ,!
/: : : : f__ _     ~―┬ヾ ;; },!
ヽ、: : :{   `ヾ,._,,..,,.._ !   .;; ,!
   ``ヽ.、_  ,:''    /   .;; ,!
       ``ヽ.、..  ノ   ,:'' ,!
             ``ヾ、  ノ,!
                 ``ヽ,!
あとこっちみんなwww
ラッド:500発ランチャーからのヒートダイナマイトタックルで裏に抜けてかわしつつダメージも充分。つーかランチャーが予想よりいいダメたたき出してくれた。ヒート100%にしつつランチャー溜めんのはつらかったけど、コンボ自体は苦労も無く。何がつらいって相手もヒートMAXじゃないとダメなのがねw
ガーネット:単純にジャンプでかわす構成だが、待機中の与ダメの低さと本来めくり技でないJSK(バズウならめくれるけど)を裏当てするという見た目で採用。FDB発生モーションは待機中と違いすごく横にやられ判定が広がっているためこういったことが出来る。じゃあ他のキャラもこんな風に作れば良かったんじゃん?って思うかもしれないが、ジャンプでよけるためには待機中に入れるコンボを早めに切り上げないとFDBに当たってしまうので、充分な火力を持っているキャラで無いとダメだし、何より元々めくりに適した技を持ってるキャラでやっても面白くないので。アニメは使ってみたくなっちゃった系かー。実はこのコンボは1度ガネのコンボを撮り終えてから再度取り直したもので、1個目のコンボはお蔵入りになってしまった。機会があったら違う動画ででもお見せ出来たらいいとは思っているが……
ミト:眼帯枠。ミトは1度作った経験があるので、簡単でした。まぁメインで使っているわけだし……。待機中にダメとってCAで動く前に終了。一応自分への課題として、罪と罰両方の構えを使うということを掲げてみた。その割には構成はシンプルで、割りと気に入っているコンボの一つ。
シェリル:雷&理由も無く空から降ってくる枠。シュナイデントを裏当てさせてFDBを逆方向に撃たせるという高等テク。こればっかりはも1度やれっていわれても無理かもしんない。ちなみに待機中にCA当ててもロックしません。オービルより優秀なスーパーアーマーですね(棒)
ハザマ:S蜃駆で裏に抜けるだけの簡単なお仕事です。他にもS蒼天斬の溜めモーションで抜けるとかあったのだが、そこから先が伸びず、結局基本ルートに落ち着いた感じ。蜃駆で裏抜けした後のダッシュからのSKの前にダッシュを切ったのは、めり込んで近SPがでたらやだなーと思ったので、慣性を切るために止まった。
ベアトリス:やってることがハザマと変わってない。リミットレスで裏に抜けて、今度は慣性をしっかりつけて立ちSPをめり込ませてSダストテイルからのCA。立ちSKまで入れるとCAがカスヒットになるのでこれが最大だと思われ。そして野望持ってそうな2人。
ゼン:主人公。真・蒼担当。強化技を使って素早くダメを取りつつ、羅喉でフィニッシュ。羅喉は待機中に当ててわざとロックさせない方が、スーパーアーマーで補正が掛からないので減る。羅喉の硬直が解けた後はほっといても死ぬんで何しててもおk。動画ではS禍魂法(相手は死ぬ)的な感じにしてみた。
グリード:真・紅担当。こいつも結構な難産キャラだったが出来上がりがいいので許す。Sタスラムの後何故2SKなのかというと、待機中のノックバックで近SKが遠SKに変わってしまうため。そうなるとグリードが前進してしまい、2SPからのハイジャンプの着地点が変わって、クラウ・ソラスの2段目当てが出来なくなってしまうため。この計算された美しさ……流石グリード先輩ッス!mjそんけーしてるッス!
ヴィレン:ダシュSPの裏周りのおかげで、あっちへ行ったりこっちへ行ったり。「飛び回ってる感じがヴィレンらしくていいんじゃない?ヴィレン死ね。氏ねじゃなくて死ね」とはいぬいさんの言。ヴィレンは小技連打が強力なので
あえて使わないレシピを作りました。
オービル:CAに至るまでにどこまでダメ取れるか、が最大の焦点で、最初はタックルにブレーキ掛けてコンボしてたんだけどそれじゃダメージが足らんということで全てヒットさせる方向で。スレッジも威力が高いSを使用。後はもう左手は回すだけ。
ベアトリス:流石アークフレアや!ゼニスアークなんて始めからいらなかったんや!!

いじょ
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。